完全紹介制、経営者向けインタビュー

社長の華. JAPAN

辻 善文氏 株式会社 ZEN-NEXT 「資産形成、事業投資のサポート」

私の幼少期は喘息もちで少し運動すると息苦しくなり、周りよりも体力がないことで何をするにも自信を持てないことが多い日々を過ごしていました。

そんな私に転機がありました。両親からの勧めで小学4年生の時に水泳を通い始めたのです。

初めは嫌々通っていたのですが、そこから徐々に体力が向上し、肩が強くなり足が速くなり、スポーツが誰よりも得意になりました。そこから自信が付き始め、何か新しいことを挑戦するときには絶対に一番になりたくてそのための努力を楽しめるようになりました。

学業でも同様、テストも他の誰よりも高得点を目指し、成績がでると達成感を感じるようになり、常に自分自身を向上させることを楽しんでいました。

大学時代は体育会系のテニス部で厳しい部活動に打ち込みながら、高校時代に興味をもった物理学専攻で大学院まで進学、リニアモーターカーの原理に利用されている超伝導をテーマに研究に励んでいました。その時の経験が、負けず嫌いで成長することの源となり、私の人生において大きな影響を与えています。

大学院卒業後、医療内視鏡では世界で7割のシェアを持つオリンパス株式会社へ入社しました。当時、母親が内視鏡手術で命を助けられたため、医療内視鏡に思い入れがあり、希望通りの製品開発部門の配属になりました。

そこでは約15年間のキャリアで、設計から製品化に至るまでのあらゆる部門に携わり、様々な部門でプロジェクトリーダーとして経験。若くしてマネジメントを経験させていただき、仕事をするうえで自分の組織メンバーから辻さんと一緒に働けて良かったですと感謝してもらえることが一番の喜びで幸せを感じる瞬間でした。

製品特許もいくつか発明し、国内の経鼻内視鏡は私が設計した自信作が病院で使用されています。

しかし、大企業の安定性や高収入かつ福利厚生も充実している一方で、大企業ならではの無駄なルールや会議が多くなってきます。また、上に行けば行くほど自分のやりたいことに時間を割くことが難しくなり、生産性の低いと思ってしまう仕事をすることにモチベーションを保つことが難しく、これ以上キャリアアップすることにやり甲斐を感じられなくなってきました。

辻善文さん関連YouTube

何故、オリンパスを辞めたのか?とよく聞かれます。39歳の年に辞めたのですが、37歳まで辞めることは全く考えられませんでした。

今思えば、きっかけとしては34歳の時、マイホームを取得する際にどれくらいのローンが組めるのか気になり何人かのFPの方に相談し、ライフプランを作成してもらったのですが、精度が粗くあまりしっくりきませんでした。もともと理系で数字が得意だったので自分で作成してみたところ想像以上に働き続けないと豊かになれないなって将来がみえてしまいました。

その時に、まずやったのが支出の見直しと資産形成です。

まずは毎月の固定費の削減として通信料や保険に無駄がないかを見直しし、独学による資産形成を取り入れることで、老後の生活を豊かにするために65歳まで働き続けないといけないプランが55歳まで短縮することができました。初めは自分や家族のためにやっていたのですが、これを身近の人にも知ってもらいたいと思い、周りの人に教えたところすごく喜んでもらえたのです。

私は人から感謝されたり喜んでもらえたりすることが一番の幸せで、それが体現できる仕事だとやり甲斐を感じ、そのためなら努力することが苦にならず楽しく追求できるなと思いました。

独立してちょうど2年ですが、お客様に喜んでいただけることを妥協せず追求し、過去2年間はほぼ休みなく活動し、未経験業種でありながら直近1年では1000件以上の商談を経て、客様は300名以上に増えました。

現在は、個人や法人のお客様の資産を守ることや、増やすこと、また事業投資などのコンサルを行っています。

ゴールベースアプローチによって現状と理想のギャップ(課題)を把握し、その課題を埋めるための解決手段として最適な方法を追求します。

老後のための資産を形成したいのか、まとまった資産を守りながら運用したいのか、安定した事業収益を作っていきたいのか、人によってリスク許容度は変わるため、そのイメージに合わせた仕組みや情報を提供しお客様をサポートしていきます。また、お客様の事業の売り上げを安定させるため、単年で得た売り上げを活用した事業投資などのサポートもさせていただいております。

正解は時代に応じて変わっていきます。

直近はアメリカ経済が伸びましたが、金利の上昇や下降もありトレンドが変わりつつあります。多様性の世の中になってきていますので、投資や事業においても時代の変化に応じてを柔軟に適応させ、一つに集中せず分散することが大事になってきます。

株式会社ZEN-NEXTは私の名前にある“善”からZENと名付けました。一日一善や、善は急げと言いますが、日々それらを意識して人から感謝や喜んでもらうことの本質を常に追求していきます。

そして、NEXTは私の新しい挑戦ということもありますが、善いことは人から人へ次々と繋がってほしいという想いと、子孫繁栄というように世代を超えて子供、孫と次世代に幸せが繋がってほしいという想いがあります。また、私がやろうとしていることは、属人性の高い仕事ですが、これからは同じ志を持った仲間を沢山作り、それぞれが成長したいと思えるプロフェッショナルな組織を作っていきたいです。

そして、関わるお客様ももちろん、一緒に働く仲間もみんな楽しく豊かになれるような仕組みや価値提供を追求し続けます。

株式会社 ZEN-NEXT代表 辻 善文さん

会社: 株式会社 ZEN-NEXT 代表取締役社長

所在地 : 東京都八王子市久保山町2-49-16

出身地: 兵庫県明石市

出身大学: 兵庫県立大学 大学院

メディア取材に関するお問い合わせは、右上メニューの運営会社ウェブサイトよりお願い致します。

RELATED

社長の華シリーズ

PAGE TOP